/

この記事は会員限定です

株、「宴」再開の兆し 半導体と米低格付け債にマネー

[有料会員限定]

12日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発している。11日まで開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)では大半の参加者が来年も利上げなしと予想し、低金利が続くとの見方が支えとなっている。英国の総選挙や15日の米国の対中制裁関税「第4弾」の全面発動期限など、まだいくつも重要日程を控えるが、市場では「宴(うたげ)」再開の兆しがみえる。

前引けは前日比51円高の2万3443円だった。「妥当な結果。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン