/

この記事は会員限定です

ソフトバンクどういかすか アリババ株

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

ニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場で、筆頭株主のソフトバンクに5兆円の含み益をもたらすといわれる中国・電子商取引最大手アリババ集団(浙江省)。15日には上場時の仮条件をこれまでの60~66ドルから66~68ドルへ引き上げると発表した。保有株の資産価値への影響はソフトバンク株を評価するうえでも重要だ。問題はソフトバンクがアリババ株の資産価値をどういかすか。ソフトバンクは株式市場で手にした果...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン