2018年9月18日(火)

9/18 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  2. 2位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  3. 3位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  4. 4位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  5. 5位: セブン&アイ、本気で取り組むアプリの実力[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,629,089億円
  • 東証2部 97,045億円
  • ジャスダック 100,999億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.70倍15.01倍
株式益回り6.80%6.66%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

国内株概況

日経平均、上げ幅200円超に 円の一段安や内需株物色で

2018/7/12 10:01
保存
共有
印刷
その他

 12日午前の東京株式市場で日経平均株価が上げ幅を広げている。一時2万2142円を付け、上げ幅は200円を超えた。外国為替市場で円相場が1ドル=112円台前半で一段と円安方向に振れた。採算が改善するとの期待から米中貿易摩擦の再燃で大きく下げていた輸出関連株に見直し買いがじわりと広がった。食料や医薬品といったディフェンシブ株に加え、電力や陸運といった内需株への物色が続いており一段高となったのも相場全体を押し上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム