タカタ、KSSへの事業譲渡完了を発表 高田会長は退任

2018/4/12 9:49
保存
共有
印刷
その他

欠陥エアバッグ問題で民事再生手続き中のタカタは12日、米キー・セイフティー・システムズ(KSS)への全資産と事業譲渡が完了したと発表した。同社は17年7月27日に上場廃止となっている。併せて、11日付で高田重久代表取締役会長兼社長が退任し、野村洋一郎取締役が代表取締役社長に就任したと発表した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]