ヤフー、ZOZOをTOBで子会社化 1株2620円、前沢社長は退任

2019/9/12 9:11
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンク(9434)傘下のヤフー(4689)は12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(3092)をTOB(株式公開買い付け)で子会社化すると発表した。TOB価格は1株2620円で、取得総額は約4000億円。買い付け株数は上限1億5295万2900株、下限は1億196万8591株。TOBによりヤフーは最大で50.1%を保有する。ZOZOの上場は維持される見込み。

10月上旬からTOBを開始する。ヤフーはZOZOの子会社化により、ネット通販事業で若年層など顧客基盤を拡大する。ZOZOもソフトバンクが手掛ける携帯電話サービスの利用者への顧客拡大を狙い、スマートフォン決済の拡充など協業を進める。

ZOZOはTOBに賛同を表明した。ZOZOの創業者で発行済み株式の3割超を保有する前沢友作氏はTOBに応募する。

ZOZOは12日、同日付で前沢氏が同社社長を退任したと発表した。新社長には前取締役の沢田宏太郎氏が就任した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]