/

野村、米国の住宅ローン担保証券訴訟で実質敗訴 上訴へ

2008年のリーマン・ショック前の住宅ローン担保証券(MBS)の販売時の説明に虚偽があったとして、米連邦住宅金融庁(FHFA)が、野村ホールディングス(8604)の米現地法人と英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)に対して損害賠償を求めていた訴訟で、ニューヨーク州の連邦地裁は11日、野村などの責任を認める判断を下した。実質的な野村などの敗訴で、今後賠償額が決定する。現地の一部報道によると、賠償額は総計4億5000万ドル(約540億円)に上る可能性があるという。野村は上訴する方針だ。

FHFAは11年、監督対象である米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)がリーマン・ショック時にMBSで被った損失の一部の原因が、金融機関の誤った説明などにあるとして野村とRBSのほかゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェースなど約20の金融機関に対し損害賠償を求めて提訴。野村とRBS以外は和解などが成立していた。

野村は同地裁の判断を受けて、「ファニーメイとフレディマックとの全ての取引において一貫して誠実にかつ透明性を維持し、プロフェッショナルとしての対応を行ったと確信している」とのコメントを出し、取引の正当性を主張。今後上訴する方向で検討している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン