2019年7月20日(土)

3連休前に上値重く(先読み株式相場)

2019/7/12 7:07
保存
共有
印刷
その他

12日の東京株式市場で日経平均株価は上値が重そうだ。11日の米ダウ工業株30種平均が最高値を更新し、朝方は好感した買いが先行するとみられるが、3連休を前に上値を追う参加者は少ないだろう。前日に発表した四半期決算が不振だった安川電が売られ、中国関連株の重荷になる可能性がある。日経平均の上値は前日を100円程度上回る2万1700円台半ばにとどまりそうだ。

11日の米株式市場でダウ平均は続伸し、227ドル高の2万7088ドルで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が7月に利下げに踏み切るとの見方が相場を押し上げた。外国為替市場で円高・ドル安進行が一服したのも日本株の投資家には好材料だ。

ただ、積極的な買いは限られるだろう。米国とイランの軍事緊張リスクや秋の消費増税を控え、日本株に前向きな海外投資家は少ない。東証1部の売買代金は連日で2兆円を割り込む閑散商状で、きょうも盛り上がりを欠く展開は避けられそうにない。

個別では安川電機に注目だ。きのう発表した2019年3~5月期の連結決算は純利益が前年同期比70%減の47億円と大幅減益だった。受注の底入れに期待する見方がある一方、アナリストからは大幅減益に対して「ネガティブ」と指摘する声も目立つ。安川電に売りが膨らめば、ほかの電気機器や半導体関連にも業績の先行きを懸念した売りが広がり相場全体の重荷になるだろう。週末とあって利益確定売りも出やすい。

12日は株価指数オプション7月物の特別清算指数(SQ)算出がある。海外では6月の中国貿易統計が発表される。

〔日経QUICKニュース(NQN) 尾崎也弥〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。