2018年7月19日(木)

7/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  2. 2位: 割安電機株に上昇サイン 景況改善や稼ぐ力に着目[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 4日続伸 円安好感、利益確定売りで伸び悩む
  4. 4位: 円独歩安113円台 関心は再び金利差に[有料会員限定]
  5. 5位: サッカーの本田選手がVBファンド設立、米俳優W・スミス氏と110億円規模[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,794.19 +96.83
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,800 +80

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

貿易摩擦が演出するドル独歩高、物価上昇も支え

2018/7/12 8:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】貿易摩擦の激化懸念がドル相場を押し上げている。11日のニューヨーク市場でドルは対円で1ドル=112円17銭と1月以来のドル高・円安水準まで買われる場面があった。米国が中国に対する追加関税のリストを公表し、貿易摩擦への警戒感から資源国や新興国の通貨に対して買われたのが主因だ。物価上昇圧力の高まりが改めて意識されているのも、ドルの支えになっている。

■豪ドル、対米ドルで1

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

新着記事一覧

読まれたコラム