最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,041.26 +108.13
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

1月17日(金)14:20

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾[映像あり]

中国 19年は6.1%成長に減速 29年ぶり低水準

1月17日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

コンコルディの4~9月期、純利益4%減 与信費用増加で

2019/11/11 16:44
保存
共有
印刷
その他

コンコルディア・フィナンシャルグループが11日発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比4%減の300億円だった。国内預貸金の利息収入が減少したほか、傘下の東日本銀行で与信関係費用が増加したことなどが響いた。本業のもうけを示す実質業務純益(横浜銀行と東日本銀行の合算ベース)は微減の415億円だった。

20年3月期通期の純利益は前期比8%減の500億円と、従来予想(550億円)から下方修正した。東日本銀行の与信関係費用が膨らみ、増益予想から一転減益となる。1株あたりの年間配当は16円と従来計画から据え置いた。

また東日本銀行の企業統治(ガバナンス)改革として、横浜銀の大石慶之取締役常務執行役員が12月1日付で東日本銀の頭取に就任すると発表した。大神田智男頭取は11月30日付で退任する。会見したコンコルディの川村健一社長は東日本銀のトップ交代について「経営責任ではない」としたうえで、「同行の量にこだわった営業が限界にきた」と述べた。

併せて収益向上に向けた施策を公表した。18年度末で80ある東日本銀の店舗数を21年度末に55拠点に縮小するほか、22年度末までに本部の人員を280人程度から210人程度に減らす。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム