ベネッセ社長退任「業績にけじめ」 情報流出が影響

2016/5/11 17:30
保存
共有
印刷
その他

ベネッセホールディングスの原田泳幸会長兼社長は11日、都内で記者会見し、退任の理由について「たとえ(個人情報流出)事故のインパクトであっても、業績の結果についてはけじめが問われる」と説明した。就任直後の2014年7月に、顧客情報の流出が発覚。「2年たってみると思った以上に(影響が)大きか…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]