/

この記事は会員限定です

中国「独身の日」に変調の兆し ネット企業規制が影

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】今年も中国最大の電子商取引(EC)商戦日、11月11日の「独身の日」がやってきた。提唱者の中国EC最大手アリババ集団をはじめ各社の販売は好調で、中国消費の回復に世界が熱い視線を注ぐ。ただ、中国のネット大手には当局による規制の手も伸びる。「消費は理性的に」との声も上がり始め、「爆買い」にも変調の兆しがみられ始めている。

アリババの独身の日セールの取扱高は、予約販売が多かったこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン