/

ソフトバンクG孫社長、「4.5兆円を大きく上回る資金化可能」

ソフトバンクグループ(SBG、9984)の孫正義会長兼社長は11日、2020年4~6月期の決算会見で、自社株買いや財務改善のため同社が進めている4.5兆円の資産売却に関し、「1年間で4.5兆円を資金化するプランのなか、今日現在すでに95%にあたる4.3兆円を調達できた」と述べた。そのうえで、「予定の4.5兆円は大きく上回る資金化ができるメドが立った」と述べた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン