2019年6月21日(金)

スプリント・Tモバイル合併、全米10州の司法当局反対

国際・アジア
2019/6/12 0:17
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】11日の米株式市場でソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位、スプリントが大幅に続落している。一時は前日比6.6%安の6.53ドルを付けた。同3位TモバイルUSとの合併計画について、米国の少なくとも10州の司法当局が阻止に向け訴訟を準備しているとロイター通信が11日に報じた。合併承認を巡る不透明感を嫌気した売りが優勢となっている。

ロイター通信によると、ニューヨーク州の司法当局が訴訟に向けた動きを主導しているようだ。5月には米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長が「公益にかなう」として合併を認める意向を表明していたが、米司法省は競争法上の観点から合併に難色を示していると伝わっていた。

報道を受けてTモバイルUS株も売られている。一時は2.7%安まで下げた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報