神戸鋼の常務、11日発表のデータ改ざん「9月に経産省に報告」

2017/10/11 20:14
保存
共有
印刷
その他

神戸製鋼所(5406)の勝川四志彦常務執行役員は11日夜都内で記者会見し、鉄粉事業と子会社が手掛ける検査受託業務でデータ改ざんを発表した2件について「9月28日に経済産業省に報告していた」と明らかにした。同社は10月8日、生産するアルミ製部材について強度など顧客が求める品質基準を満たしていなかったと発表した。アルミ製部材の改ざんも9月28日に経産省に報告していたとしている。

「8日の会見(アルミ製部材の品質データ改ざん)で他にも不適切な事案があるとなぜ明らかにしなかったのか」という問いに対し、「調査中だった。決して隠そうとしていたわけではない」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]