監視委、60代男性に課徴金勧告 ヒノキヤG株で相場操縦

2018/5/11 15:56
保存
共有
印刷
その他

証券取引等監視委員会は11日、ヒノキヤグループ(1413)株で相場操縦をしたとして、千葉県在住の60代男性会社員に課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。男性は昨年2月から3月にかけ、複数の口座を用いて直前約定値より高値で売り注文と買い注文を対当させて株価をつり上げるなどして、活発な売買があるかのように見せかけた。課徴金額は21万円。当時ヒノキヤグループは名証2部に上場していた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]