/

首相、事業活動本格化の指針「今週中めどに策定」

安倍晋三首相は11日午前の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症について「有効な治療法やワクチンの開発までは感染防止の取り組みに終わりはなく、ある程度の長期化を覚悟しなければならない」と改めて述べた。

そのうえで、政府の専門家会議が示した新型コロナウイルスに関する「新しい生活様式」を踏まえ、業態ごとに専門家の協力も得ながら「今週中をめどに事業活動を本格化するためのより詳細なガイドラインを策定していく」と語った。

「内外経済、国民生活への影響を注意深く見極め、事態がどの程度長引くか、どのように状況が変わっていくかなど、緊急事態の先にある出口に向かい、国民とともに一歩一歩前進したい」とも述べた。海外との人の往来が制限されていることについても「世界的な感染の収束も見据えながら、出口戦略をしっかり立てていきたい」と語った。日本維新の会の藤田文武氏への答弁。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン