9/24 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナで「未経験OK」求人減 人材市場、求ム即戦力[有料会員限定]
  2. 2位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  3. 3位: 投機マネー、ユーロから円へ 欧州のコロナ再拡大で[有料会員限定]
  4. 4位: 運用難の生損保、配当狙いで相場支え 一巡後に警戒も[有料会員限定]
  5. 5位: マザーズ指数、2年半ぶり高値 「菅銘柄」物色続く[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,346.49 -13.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,190 -30

[PR]

業績ニュース

DICの今期、純利益36%減に下方修正 出荷数量減少で

2020/8/11 13:04
保存
共有
印刷
その他

DICは11日、2020年12月期の(今期)の連結純利益が前期比36%減の150億円になりそうだと発表した。従来予想(同横ばいの235億円)から85億円下方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が停滞した影響で出版用インキ、化粧品用顔料、自動車向け材料など幅広い分野で出荷数量が減少している。需要回復に時間がかかるとみて通期業績予想を引き下げた。

売上高は9%減の7000億円と従来予想(5%増の8100億円)から1100億円、営業利益は15%減の350億円と従来予想(9%増の450億円)から100億円、それぞれ引き下げた。増収、営業増益から一転して減収減益となる見込み。中間配当は前年同期比10円減の50円(従来予想は55円)に、年間配当予想は前期と同じ100円(同110円)に引き下げた。

同日発表した20年1~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比21%減の103億円だった。インキや顔料の出荷減少に加え、化学世界最大手である独BASFの顔料事業買収に伴う一時費用が重荷になった。売上高は11%減の3437億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム