/

米製薬会社、中外薬を特許侵害で提訴

中外製薬(4519)は11日、同社が臨床開発中の新薬候補物質について、製薬会社の米バクスアルタ社(米イリノイ州)から特許侵害を理由に製造差し止めなどを求め米デラウェア州で提訴されたと発表した。中外薬は「適切な反論を行っていく」としており、現時点で業績への影響は見込んでいない。

バクスアルタ社は2016年5月、同様の内容で中外薬を東京地裁で訴えており現在も係争中。ただそれぞれの訴訟について詳細な内容は「明らかにできない」(中外薬・広報IR部)という。

対象となるのは血友病Aに対する新薬の候補物質「エミシズマブ」。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン