7月の銀行貸出残高、前年比6.4%増 地銀の貸出が加速

2020/8/11 10:08
保存
共有
印刷
その他

日銀が11日発表した7月の貸出・預金動向(速報)によると、全国の銀行(都市銀行、地方銀行、第二地方銀行)の貸出平均残高は前年同月比6.4%増の499兆1023億円だった。新型コロナウイルス拡大の影響で中小企業を中心に運転資金を確保する動きが続いており、地方銀行の貸し出しが一段と増えた。

業態別では地銀と第二地銀が合計で前年同月比5.1%増の264兆2769億円と、1991年7月以来の高い伸び率だった。一方で都市銀行は同7.8%増の234兆8254億円と、6月から伸び率が縮小した。都銀による融資先の中心である大企業では資金需要が一服している。資金調達手段を社債やコマーシャルペーパー(CP)の発行に切り替える動きもあるという。

手形や小切手を除き、譲渡性預金を含む預金平均残高は都銀、地銀、第二地銀を合わせて前年同月比8.3%増の786兆1232億円だった。伸び率は統計開始以来最高だった。中小企業向け貸し出しの割合が大きい地銀や第二地銀で法人預金が伸びたほか、政府による1人10万円の特別定額給付金の支給で個人預金も増えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]