2019年1月24日(木)

ソフトバンク社長、バイスチェアマン「最重要な後継者」

2015/5/11付
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクの孫正義社長は11日、決算発表の記者会見で昨秋にバイスチェアマンに迎えた米グーグル出身のニケシュ・アローラ氏について、「私より10歳若く、能力が高い。最重要な後継者であることに間違いない」と述べた。人材育成の面では「日本人に英語を教えて海外を伸ばすのでなく、海外の一戦で活躍する人材を中枢に据えて伸ばしていく」と話した。

決算発表するソフトバンクの孫社長(左)とニケシュ・アローラ バイスチェアマン(11日、東証)

決算発表するソフトバンクの孫社長(左)とニケシュ・アローラ バイスチェアマン(11日、東証)

今後の事業展開については、「これまでのソフトバンクは日本が中心だったが、これからは海外がメインのグローバル企業になる」と指摘、米スプリントについては「課題山積だが、好転の兆しが見えてきた。これからも力を入れていきたい」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報