/

東宝の20年2月期予想、純利益14%増に上方修正 「天気の子」など好調

東宝は11日、2020年2月期の連結純利益が前期比14%増の345億円になりそうだと発表した。従来予想していた4%増の315億円から30億円引き上げた。主力の映画事業で「天気の子」など自社配給映画や映画館運営などが好調で、業績を押し上げる。

売上高にあたる営業収入は3%増の2540億円を見込む。従来予想は2500億円。主力の映画事業は、自社配給作品の新海誠監督のアニメ映画「天気の子」が興行収入130億円を超えたほか「劇場版おっさんずラブ」なども好調だった。他社の洋画作品なども集客が順調で映画事業は前年実績を大きく上回っている。演劇事業も「エリザベート」などが盛況で営業利益の予想は11%増の500億円と従来予想から50億円引き上げた。

併せて発表した19年3~8月期の連結決算は、営業収入が前年同期比8%増の1440億円、純利益が36%増の228億円だった。

同日、記者会見した浦井敏之常務は、10月の消費税率の引き上げの影響について「映画は見たい作品があれば収益が増える。増税の影響はない」との認識を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン