/

この記事は会員限定です

米ダウ平均、一時下げ幅100ドル超 トランプ氏長男にロシア疑惑

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=森田理恵】11日午前の米株式市場でダウ工業株30種平均が下げ幅を広げる場面があった。一時は2万1279ドルと、前日比の下げ幅が129ドルまで拡大した。米トランプ政権とロシアとの不適切な関係を巡る「ロシアゲート」に関し、トランプ大統領の長男の関与が浮上。投資家心理が悪化し、リスク資産である米株式を売る動きが一時的に広がった。

トランプ大統領の長男、トランプ・ジュニア氏が11日、昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン