/

この記事は会員限定です

人民元6年ぶり安値、防衛ライン決壊5つの理由

[有料会員限定]

【NQN香港=森安圭一郎】国慶節(建国記念日)の大型連休が明けた上海外国為替市場で、人民元の対ドル相場の下落が加速している。中国人民銀行(中央銀行)が定める取引の基準値と、市場の取引値はともに約6年ぶりの元安・ドル高水準を付けた。ドルへの資金集中など「他力」がもたらした元安という面もあるが、人民元の先安観を強める独自の材料にも事欠かない。中国当局が資本流出と元安の恐怖から完全に逃れられる日は遠い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン