2018年12月17日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,506.88 +132.05
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,450 +150

[PR]

業績ニュース

ユニファミマの今期、純利益19%増 経営統合の効果が通期で寄与

2018/4/11 15:05
保存
共有
印刷
その他

ユニー・ファミリーマートホールディングスは11日、2019年2月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比19%増の400億円になる見通しだと発表した。「サークルK」「サンクス」の「ファミリーマート」への転換が一巡。販売力が向上する。総合スーパー「ユニー」の不採算店舗の閉鎖も利益貢献する。

売上高にあたる営業収益は微減の1兆2702億円を見込む。サークルKやサンクス、ユニーを一部閉店する影響が出る。営業利益は2.4倍の685億円を計画する。

併せて発表した18年2月期の連結決算は、純利益が336億円だった。2016年9月にユニーグループ・ホールディングスと経営統合したため、正確な比較はできないが、実質17%増益だった。営業収益は1兆2753億円、営業利益は279億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム