/

官房長官「基幹統計全体を点検」、毎勤統計不適切調査で

菅義偉官房長官は11日の閣議後の記者会見で、厚生労働省による毎月勤労統計の調査が不適切だった問題に関して「統計の信頼性を損なう事態が生じたことは甚だ遺憾だ」と述べた。そのうえで「政府の基幹統計全体を点検する」と明らかにした。また、失業手当や労災保険などで過少給付が起きていることに対しては「過去にさかのぼって追加給付する必要があると報告を受けている。2019年度予算案で必要な予算を計上する方向で調整を進めることになる」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン