/

経財相、毎勤不適切調査「GDPの雇用者報酬を改定し月内発表」

茂木敏充経済財政・再生相は11日朝の閣議後に開いた記者会見で、厚労省が調査・発表する毎月勤労統計の不適切調査問題について「(今日予定する厚労省の最終調査結果を踏まえて)国内総生産(GDP)統計の雇用者報酬を改定する必要がある。月内にも改定値を公表できるよう準備したい」と話した。

毎月勤労統計はGDPを算出するための基礎統計となっている。茂木経財相は「基礎統計に問題が生じると正しい推計ができず修正を余儀なくされる。まずは各種基礎統計の正確性を全うしてもらうとともに、推計方法の公開、推計手法の改善を進めて統計の信頼性確保に努めることが重要だ」との考えを示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン