/

この記事は会員限定です

<東証>UMCエレがストップ安気配 四半期報告書の提出遅延で監理銘柄指定

[有料会員限定]

(10時20分、監理、コード6615)売り気配を制限値幅の下限(ストップ安水準)となる前日比100円(14.5%)安の592円まで切り下げ、現時点でまだ売買は成立していない。差し引きで200万株近くの大幅な売り越しとなっている。10日、2019年4~6月期の四半期報告書に関し、延長承認を受けていた提出期限の10月15日までに提出できない見込みになったと発表した。これを受け、東京証券取引所は同日、UMCエレを監理銘柄(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン