/

この記事は会員限定です

ポスト参院選、改憲論議は市場の腫れ物

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

歴史家E・H・カーが危機の20年と名付けた1900年代前半。「23年のドイツのインフレーションや29年のアメリカの恐慌は、不安の感情を増大し、自分の努力で前進していく希望や、成功の無限の可能性を信ずる伝統的な信念をこなみじんにした」。ドイツ生まれのエーリッヒ・フロムは41年、自著『自由からの逃走』(東京創元社)の中で当時の人々の内面をこう分析した。

10日の参院選の結果、国政は歴史的な節目に到達し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン