IHI、インフルワクチン事業の撤退検討 承認申請取り下げで

2017/1/11 9:34
保存
共有
印刷
その他

IHI(7013)は11日、インフルエンザワクチンの原薬製造事業について存続が難しくなったと発表した。IHIはUMNファーマ(4585)と折半出資で医薬品製造会社UNIGENを設立し、アステラス製薬(4503)とインフルエンザワクチンの原薬製造に向け開発を続けてきたが、UMNとアステラスが前日に製造販売の承認申請を取り下げると発表。事業の継続が難しいと判断し、撤退を含め検討する。

IHIはUNIGENの製造設備資金や運転資金の一部を債務保証しており、2016年12月末時点の残高は110億円。今後、回収の可能性を見直し、損失が発生する可能性がある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]