2019年8月23日(金)

米利下げ観測、心理やや明るく (先読み株式相場)

2019/7/11 7:35
保存
共有
印刷
その他

11日の日経平均株価は小幅に反発し、前日終値を70円程度上回る2万1600円近辺に上昇しそうだ。早期の米利下げ観測の強まりを背景に前日の米ダウ工業株30種平均は一時最高値を上回った。東京株式市場でも投資家心理がやや明るくなり、買いが先行するだろう。外国為替市場では日米金利差の縮小でドル安・円高となっており、買い一巡後は上値の重い展開が予想される。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は下院委員会の証言で「貿易摩擦や世界景気の減速で、米景気の不確実性が増している」と指摘し「より緩和的な金融政策の必要性が高まっている」との認識を示した。これを受けて金融先物市場では7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げを織り込む動きが進んだ。

11日早朝の大阪取引所の夜間取引で日経平均先物9月物は2万1530円と、前日の清算値を30円上回った。

個別では任天堂(7974)に注目が集まる。同社は10日、主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の小型版「ニンテンドースイッチライト」を9月20日に発売すると発表した。現行のスイッチと比べてサイズや重さを小さくしたうえ、価格も3割ほど安くしたという。足元の業績をけん引する機種の小型版とあって、業績押し上げに期待した買いが入る公算が大きい。

11日は安川電(6506)やローソン(2651)が2019年3~5月期決算、ファストリ(9983)が18年9月~19年5月期決算を発表する。FRBのパウエル議長が米議会上院で証言する。6月の米消費者物価指数(CPI)や米新規失業保険申請件数(週間)が公表になる。

〔日経QUICKニュース(NQN) 末藤加恵〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。