/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト FRBの覚醒、米株投資は敬遠の対象に

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=岩切清司】10日の米ダウ工業株30種平均は4日ぶりに反発した。原油先物相場の動向に一喜一憂し狭いレンジを右往左往する地合いが続く。短期的なボラティリティー(変動率)の高まりは、目先の見通しを曇らせるが、来年の相場展望に目を向けると米国株の人気は低い。16日に米連邦準備理事会(FRB)が9年ぶりの利上げを決定する公算が大きい中、投資家からは慎重な見通しが漏れる。

「FRBの覚醒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン