2018年5月22日(火)

5/22 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ続伸し298ドル高 2カ月ぶり2万5000ドル台 米中摩擦が緩和
  2. 2位: 2017年度の増収率1位は任天堂 増益率上位にソニーなど[有料会員限定]
  3. 3位: スタートトゥデイ、ゾゾスーツばらまきに透ける焦り[有料会員限定]
  4. 4位: 米国株、ダウ一時300ドル超上昇 2カ月ぶり2万5000ドル台 米中摩擦の緩和で
  5. 5位: 東海カーボン、積極投資で備える黒鉛電極特需の先[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,823,115億円
  • 東証2部 99,303億円
  • ジャスダック 113,945億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.38倍 --
株価収益率15.18倍15.63倍
株式益回り6.58%6.39%
配当利回り1.57% 1.60%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

国内株概況

日本株ADR10日、買い優勢 京セラやトヨタが上昇

2017/10/11 5:30
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】10日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は買いが優勢だった。日米株式相場がともに上昇した影響で買われる銘柄が多かった。京セラが3%近く上げたほか、トヨタNTTドコモキヤノンが高い。みずほFGホンダも買われた。一方、ソニー野村が売られた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム