/

ケアネット、サンバイオと資本業務提携 再生細胞薬の普及図る

製薬会社の営業を支援するケアネット(2150、マザーズ)は10日、再生細胞薬を手掛けるサンバイオ(4592、マザーズ)と資本業務提携すると発表した。ケアネット株の発行済み株式総数の9.74%について、筆頭株主を通じて約10億円でサンバイオに売り出す。ケアネットが強みを持つ医師や薬剤師向けの情報提供のノウハウを生かし、サンバイオの再生細胞薬の普及につなげる。

ケアネットなどは併せて、サンバイオやバイタルケーエスケー・ホールディングス(3151)を含む5社で、再生細胞薬の適正使用や安定流通に向けて共同研究すると発表した。ケアネットなど4社がサンバイオ株の発行済み株式総数の1.59%を取得する。このうちケアネットはサンバイオ株の発行済み株式総数の0.12%を約1億9000万円で取得する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン