2019年8月25日(日)

テスラ株に買い 米工場の増産方針を従業員に伝える

2019/7/11 2:42
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】10日の米株式市場で電気自動車(EV)のテスラが4営業日ぶりに反発し、一時は前日比3.1%高の237.09ドルを付けた。米ブルームバーグ通信が「生産拡大の用意が整っている」と10日朝までに報じた。販売の回復基調が続くとの期待が広がり、見直し買いが入った。

ジェローム・ギレン社長が米カリフォルニア州とネバダ州にある工場で生産を拡大し、雇用も増やすと従業員に伝えたという。2019年4~6月の世界販売台数は量産型の小型セダン「モデル3」が堅調で、2四半期ぶりに過去最高を更新した。ただ、4~6月期はモデル3の低価格車種の発売や、EVに対する米国の税控除が減額される前の駆け込み需要が一時的に販売を押し上げただけとの指摘もあっただけに、7~9月期以降も販売拡大の勢いが続くとの見方を誘った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。