2019年1月17日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,402.27 -40.48
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,350 -80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

1月17日(木)14:20

厚労相「信頼回復急ぐ」 特別監察委が初会合[映像あり]

新天皇祝賀パレード 車両は「センチュリー」

1月17日(木)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

<米国>エヌビディアが5日続落 華為技術が競合する半導体チップを発表

2018/10/11 0:41
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間11時20分、コード@NVDA/U)10日の米株式市場で画像処理半導体(GPU)のエヌビディアは5日続落して始まった。一時は前日比5.4%安の251.21ドルを付けた。中国の華為技術(ファーウェイ)が10日、人工知能(AI)向けの高性能な半導体チップを開発したと発表した。同分野で先行するエヌビディアは競争激化が意識され、売り優勢となっている。

中国は産業振興策「中国製造2025」の一環として半導体やAI関連事業を強化している。米中貿易摩擦の激化も半導体の内製化を急ぐ要因になっているようだ。ファーウェイはこうした流れを受けて、10日から中国・上海で開いている自社展示会でAI関連技術を強化する姿勢を示した。徐直軍(エリック・シュー)輪番会長は新製品について「チップの計算能力は世界一。エヌビディアを上回る」と説明した。

米長期金利の上昇が逆風となり、ハイテク株全般が売られる流れにも押されている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム