/

<米国>ボーイング大幅高、「737MAX」が18日にも運航再開許可と伝わる

【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間11時17分、コード@BA/U)10日の米株式市場で航空機のボーイングが4日続伸し、一時は前日比8.1%高の193.95ドルを付けた。米当局が早ければ18日にも、運航停止中の主力機「737MAX」の再開を許可すると9日に伝わった。受注や生産の回復を期待した買いが集まった。

ロイター通信が米連邦航空局(FAA)のスティーブ・ディクソン局長の声明や関係者の話として報じた。報道によると、FAAは737MAXの修正点に関する審査の最終段階にあり、数日中にも完了する見込みという。安全基準を満たしたと納得すれば、運航停止命令を解除する見通し。ボーイングの今年9月末時点の受注残5146機のうち、737MAXは8割を占めている。

9日に米製薬のファイザーと独ビオンテックがコロナワクチンの臨床試験で高い有効性を示したと発表し、ワクチン普及で旅客需要が回復に向かうとの期待もボーイング株への買いを促している。前日は13.7%高と急騰した。JPモルガンは目標株価を155ドルから190ドルに引き上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン