2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

アジア株概況

上海株寄り付き 反落、米国との貿易摩擦を警戒 アジア300小幅続落

2018/9/10 10:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=桶本典子】10日の中国・上海株式相場は反落して始まった。上海総合指数の始値は前週末比4.2900ポイント(0.15%)安の2698.0107と、節目の2700を再び下回った。その後はやや下げ幅を広げている。トランプ米大統領が7日、中国からの全輸入品に制裁関税を課す用意があるとの考えを示し、米中貿易摩擦の激化への警戒が強まっている。

 市場の売買代金の低迷が続いていることも懸念を誘ってい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム