/

7月の経常収支、2兆97億円の黒字 第1次所得収支が大幅黒字

財務省が10日発表した7月の国際収支状況(速報)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は2兆97億円の黒字だった。黒字は49カ月連続だが、黒字額は前年同月に比べて14.4%縮小した。債券利子など第1次所得収支が大幅黒字となった半面、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支が赤字に転化した。

第1次所得収支は2兆3549億円の黒字と黒字額が8.9%伸びた。7月として過去最高を記録した。米国の金利上昇を映し、債券利子の受け取りが大きく伸びた。

輸送や旅行といった取引の収支を示すサービス収支は1744億円の赤字と前年同月(2258億円の赤字)に比べて赤字額が縮小した。比較可能な96年以降で最小の赤字額となった。訪日外国人の増加を背景に旅行収支が2042億円の黒字だった。研究開発など「その他業務サービス」の赤字幅が縮小したことも寄与した。

貿易収支は10億円の赤字(前年同月は5659億円の黒字)だった。輸入額が原油価格の上昇を背景に16.6%増加した。輸出もアジア向けが好調で6.2%伸びたが輸入増の影響が上回った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン