/

良品計画社長、米事業環境「オンラインへの移行早かった」

良品計画(7453)の松崎暁社長は10日、2020年3~5月期の決算説明会で、米連結子会社が連邦破産法11条に基づく再生手続きを申請したことを巡る、米小売事業の環境について「ここ2~3年で急速にオンライン(電子商取引、EC)への移行が進んだ」と、分析が十分でなかったとの認識を示した。同社が出店したショッピングセンター(SC)で、出店直後に周りのテナントが撤退していくなど、急速な変化が起きたことを例に挙げた。

米国展開については、同社の認知度を高めるためとはいえ、結果的には「一等地に大型店を中心に出店してきたことを反省している」と述べ、米国での今後の出店は慎重に判断していく方針を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン