/

日本郵政、4~6月期の純利益18%増 宅配便事業が好調

日本郵政が10日発表した2018年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比18%増の1235億円だった。中核の郵便事業で宅配便の好調な業績が収益を押し上げた。

郵便事業を手掛ける傘下の日本郵便では宅配便「ゆうパック」などの取扱数量が25%増加したことで純利益が同3.9倍の229億円だった。かんぽ生命保険(7181)の収益増も日本郵政の業績に貢献した。

一方、金融事業では傘下のゆうちょ銀行(7182)の業績が振るわず、日本郵政の売上高に当たる経常収益は同3%減の3兆1591億円だった。

19年3月期通期の連結業績予想は据え置いた。純利益は前期比28%減の3300億円を見込む。1株当たりの年間配当も従来予想と同じ50円(中間配は25円)を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン