大戸屋HD、6月の既存店売上高30%減 時短営業など響く

2020/7/10 15:47
保存
共有
印刷
その他

大戸屋ホールディングス(JQ、2705)が10日発表した6月の既存店売上高は前年同月比30.0%減となり、全店売上高は17億1753万円だった。既存店売上高は新型コロナウイルスの感染拡大で政府が緊急事態宣言を発出した4月の48.4%減、5月の40.4%減から徐々に回復しているが、依然として営業時間の短縮や座席数の減少による影響で昨年割れが続いている。「6月から投入した低価格な定食やデリバリー商品は好調に推移している」(広報担当)という。

6月の既存店の客数は28.6%減、客単価は2.0%減だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]