2018年5月25日(金)

5/25 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反落し75ドル安 北朝鮮リスクで市場心理が悪化 長期金利低下は支え
  2. 2位: 市場が見透かすトランプ氏の「はったり」[有料会員限定]
  3. 3位: 三井不動産、今度のジャパンマネーはひと味違う[有料会員限定]
  4. 4位: 小野薬品、「オプジーボ頼み」のジレンマ[有料会員限定]
  5. 5位: NY商品、原油が続落 ロシア・OPECが減産緩和の思惑 金は反発

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,447.16 +10.15
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,410 ±0

[PR]

業績ニュース

小野薬の前期純利益、10%減の502億円 オプジーボの薬価下げで

ビジネス
2018/5/10 12:23
保存
共有
印刷
その他

 小野薬品工業が10日発表した2018年3月期連結決算(国際会計基準)で、純利益は前の期比10%減の502億円だった。がん免疫薬「オプジーボ」の薬価が17年2月に50%引き下げられたことが響く。17年9月の胃がんなど、効能追加により使用が拡大しているものの補えなかった。

 売上高にあたる売上収益は7%増の2618億円だった。「オプジーボ」に関する米ブリストル・マイヤーズスクイブ社からのロイヤルティー収入増加が寄与した。新製品発売に伴う営業経費の増加や薬価改定の影響などにより、営業利益は16%減の606億円だった。

 同時に発表した19年3月期連結業績予想で、純利益は微増の505億円、売上収益は6%増の2770億円を見込む。「オプジーボ」関連では、使用対象の拡大効果のほか、ブリストル・マイヤーズスクイブ社などからのロイヤルティー収入の増加を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

新着記事一覧

読まれたコラム