イエレンFRB議長 「利下げ必要と考えず」 先行きのリスク注視、米議会証言

2016/2/11 3:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=神能淳志】米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は10日、米下院金融サービス委員会での証言を終えた。質疑応答で米金融政策に関して「利下げが必要になるとは考えていない」と語った。世界的な景気減速懸念や原油安、株安などを受けて市場では早期の追加利上げは難しいとの見方が強まるなか、同議長は先行きのリスクを注視する姿勢を強調した一方で、昨年12月に利上げに転じた金融政策の方向は保つ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]