/

この記事は会員限定です

<マザーズ>トランスGがストップ高買い気配 米での特許査定受領を材料視

[有料会員限定]

(13時50分、コード2342)マウスを使った疾患と関連する遺伝子の探索を手掛けるトランスGが続伸している。午前に制限値幅の上限(ストップ高水準)である前日比80円(20.0%)高の479円まで上昇し、2019年5月以来およそ1年ぶり高値をつけた。現時点では同水準で買い気配となっている。9日、生体レベルでの炎症反応を可視化できるモデルマウスについて、米国で特許査定を受けたと発表した。炎症反応を起因とす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン