/

タマホーム、創業者一族の資産管理会社がTOB 上場は維持

タマホームは10日、玉木伸弥副社長の資産管理会社TAMAX(東京・港)がタマホームに対して実施するTOB(株式公開買い付け)に賛同の意向を表明した。創業者一族が保有する株式を集約することで、意思決定や将来的な資産の承継を行いやすい体制を作る。発行済み株式総数の31.63%にあたる950万6700株を上限に買い付け、タマホームの上場は維持する。

TAMAXは11日付でTOBを開始し、10日終値より7%安い1株当たり430円で買い付ける。タマホームの玉木康裕社長をはじめとした創業者一族4人は同社株を49.50%にあたる1487万8000株保有しており、取得上限まで買い付けに応募する方針。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン