/

この記事は会員限定です

上海株前引け 反落、金融株や不動産株に売り アジア300指数は続伸

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】10日前場の中国・上海株式相場は4営業日ぶりに反落した。上海総合指数の前引けは前日比14.8569ポイント(0.50%)安の2941.2547だった。指数が約3カ月ぶりの高値圏にあり、大型株を中心に利益確定売りが優勢となった。

朝方発表の中国の5月の物価統計が弱含んだとの受け止めも投資家心理の重荷となった。金融株や不動産株、資源株など大型株が総じて売られた。空運株は軒並み安。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン