2018年8月19日(日)

8/19 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「孤客」消費が止まらない[有料会員限定]
  2. 2位: テスラ、CEOの告白に広がる不安[有料会員限定]
  3. 3位: 中国国有企業、ROE10年で半分 規模拡大も質伴わず[有料会員限定]
  4. 4位: インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及[有料会員限定]
  5. 5位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,389,427億円
  • 東証2部 95,293億円
  • ジャスダック 100,273億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.18倍14.47倍
株式益回り7.05%6.90%
配当利回り1.72% 1.76%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

国内株概況

良好GDP打ち消す半導体安 市場が見据える閑散相場の先

2018/8/10 12:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 10日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落。取引開始前に発表された18年4~6月期の実質国内総生産(GDP)速報値が市場予想を上回る伸びとなり、日経平均は小幅高で始まった。しかし、すぐに下落に転じて午前いっぱいは軟調に推移した。良好なGDPのプラス効果を打ち消したのは、東エレクや信越化など半導体関連銘柄の下落。投資家が続々と夏季休暇に入り、商いが乏しくなってマイナス材料に過敏に反応しやすい状況…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

NY市場の動き

10日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム