/

「国の借金」9月末は1054兆円 国民1人当たり830万円

財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が、2015年9月末時点で1054兆4243億円になったと発表した。6月末からの3カ月間で2兆7991億円減少した。10月1日時点の総人口の概算値(1億2689万人)をもとに単純計算すると、国民1人当たり約830万円の借金を抱えていることになる。

「国の借金」のうち、国庫の資金繰りに使う政府短期証券は9兆999億円減の106兆283億円。借入金は1787億円減の53兆8097億円だった。一方で、国債は6月末に比べ6兆4794億円増の894兆5863億円。

15年度末の「国の借金」の総額は1167兆1000億円になる見込み。併せて発表した9月末の政府保証債務の現在高は3908億円減の42兆5458億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン