/

この記事は会員限定です

コモンズ渋沢氏「理由なき株高、裏に投資家の恐怖心」

コロナ後の市場を読む

[有料会員限定]

日経平均株価は約3カ月半ぶりに2万3000円台を回復したのもつかの間、10日は下落して始まった。過熱感を示す指標が目立つなかで上昇を続けてきた相場に対し、戸惑いを隠せない投資家は少なくない。長期投資を基本姿勢とするコモンズ投信の渋沢健会長はここまでの急速な上昇基調を「投資家の恐怖心が奥底にあり、理由なき上昇を加速させている」と喝破。「コロナ禍で社会の変化に対応できる『勝ち組企業』が浮かび上がる」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン