/

この記事は会員限定です

ピークアウト感強める不動産市況 大手の構えに戦々恐々

[有料会員限定]

不動産市況のピークアウト感が一段と強まっている。この数年買い手として存在感を示していた大手不動産会社が、膨らませた資産を一部とはいえ売りに出すとなれば、崩れそうで崩れずに推移してきた相場の潮目の変化になるからだ。大手の一挙手一投足に視線が集まるほど、マーケットは売りに敏感だ。

三井不の棚卸資産、7年で2倍強に

市場関係者に波紋を広げているのが三井不動産の菰田正信社長が昨年11月下旬に開いたアナリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン